機能性最強のセキュリティポーチ、セキュリポをレビュー。

スポンサーリンク

この記事はこんな人に向いています

  • 海外旅行で使えるセキュリティーポーチを探している
  • 貴重品だけでなく、スマホなども持ち歩きたい
  • しっかりした素材のセキュリティーポーチが欲しい

「旅先でパスポートや現金などの貴重品をしっかり管理したい
「海外旅行で使えるセキュリティーポーチを探している」

海外旅行で使えるセキュリティーポーチを探しているのなら、「セキュリポ」がおすすめです。

セキュリポはスキミングを防止するだけでなく、防水で高品質。機能性が非常に高く、スマホもラクラク入るので使いやすいです。

この記事では、1年に10ヵ国以上へ行く僕が、機能性最強のセキュリティーポーチ、「セキュリポ」の魅力を徹底的にご紹介していきます。

今回ご紹介する旅行グッズ
created by Rinker
LiberFlyer
¥1,889 (2019/05/20 19:13:41時点 Amazon調べ-詳細)

この記事はLiberFlyer(リバーフライヤー)様より提供を頂いて執筆しています。

機能性が抜群でスキミングも防止。これが最強のセキュリティポーチだ!

海外旅行や海外出張の時に気をつけたいトラブルの1つ、スリやスキミング。

どんなにバッグのファスナーを閉めていたとしても、「ポテチ開け」などの手口で貴重品を盗られてしまう危険もあります。

≫≫【記事】バックパックの防犯対策はどうやるの?具体的に使える対策方法を紹介!

そんなスリの危険から守るために、きっと多くの人がセキュリティポーチ(マネーベルト)を使用しているのではないでしょうか。

「セキュリポ」は機能性に優れているだけでなく、品質が良いのでまさに最強のセキュリティーポーチですよ!

使い勝手と機能性が抜群のセキュリポ。


セキュリポが普通のセキュリティポーチと大きく違うのは、使い勝手と機能性がずば抜けている点。

ここではセキュリポに詰まっている魅力的な機能を全てご紹介します。

スキミングを防止

海外旅行のトラブルで多い被害の1つ、スキミング。

セキュリポでは、クレジットカードやパスポート内の情報を不正に読み取る手口「スキミング」を防止するため、RFID加工がされ、外部からの不正な磁気を全てカット。スキミングを徹底的に防止してくれます。

防水だから急なスコールや汗ムレにも安心!

KUMANO
水が染み込んできて中に入れていた航空券やパスポートが水没した…

そんなセキュリティーポーチあるあるを解消すべく、セキュリポは完全防水。

旅行時の突然の雨や、使用時の蒸れによる汗の浸透を防いでくれます。

主にスポーツウェアなどで使用されているライクラ素材で加工されているため、防水機能が実現しています。

ファスナーには安心安全のYKKを採用。スムーズに開く。

全部で3つ付いているファスナーには、高いクオリティで知られる国産YKKを採用。
ポケットのスムーズな開閉とストレスのない使用感を提供してくれます。

こんなに多機能なのに、薄型で超軽量。

セキュリポの厚みは何も入れていない状態で約1.3cm。

さらにポーチ自体の重さは約120gと、単1電池とほぼ変わらないくらいの重さ。

KUMANO
セキュリポは薄いので着用時の不快感が一切感無く、パスポートやお金、航空券をしまっておく程度なら全く重さを感じないので使い心地が本当にいいです!

伸縮性に優れた太めのベルトが腰にフィットする

セキュリポのベルトは伸縮性に優れていて太く、バックルは薄く洗練されているのが特徴。

僕が普段使っているセキュリティポーチと比べると、こんな感じ。

ウエストは65cm~135cmまでの調節が可能なため、小柄な方から大柄な方まで幅広く使えます。

この伸縮性のあるベルトのおかげで、使っているときは体に程よくフィットします。

ある程度中身を詰め込んでも、ヨレたり型崩れせず、簡単にはベルトが伸びません。

90日以内なら返品返金ができる

セキュリポは商品到着後90日以内ならどんな理由でも返品・全額返金可能。

KUMANO
初期不良はもちろん、「思っていたものと違った!」という理由でも返金に対応してくれますよ!

実際にセキュリポを使ってみた。3つのポケットがイイ。

セキュリポには3つのポケットがあります。それぞれ僕はこう使いましたよ!

スマホも入る大きなフロントポケット

前面にある大きなフロントポケット。

このポケットには5.8インチまでのスマホが収納可能。

写真はiPhone7ですが、大きめのカバーをつけても余裕です。

iPhone8Plusでもラクラク収納できます。

イヤホンや目薬、ボールペンなどの小物をしまっておいたり、モバイルバッテリーなんかも入ります

防犯性の高いメインポケット。カードが3枚まで収納可能!

メインポケットはマジックテープをはがさないとアクセスできないため、防犯性がかなり高いです。

中には3枚まで収納できるカードポケットが付いている。

パスポートやカード類、現金、入国カードなどの重要な書類などはここに入れておきましょう。

裏メッシュポケットは嬉しいファスナー付き

肌と接する裏ポケットは嬉しいメッシュ素材。
通気性がよく、汗をかいた際もムレにくいのが特徴です。

僕はすぐに取り出すことが多い航空券をしまっています。

ここでもスマホがラクラク収納。

このポケットは以前のモデルから改良されファスナー付きに。防犯性の高さも注目です。

イヤホンが通せる。充電だってかさばらない。

大きなフロントポケットにはイヤホンを通すことができる穴が付いています。

スマホをしまったままでも音楽が聴けるので機内やバスなどの長距離移動の際には活躍しそう。

また、ポケットのなかにモバイルバッテリーをしのばせ、コードを出して充電しながらの使用もできます。

カラビナはこう使うのがおすすめ

セキュリポには取り外しが可能な小さなカラビナが付いています。

ゲストハウスのロッカーの鍵や、スーツケースの鍵、スマホのストラップをつければスリの防止に。

セキュリポのイマイチなところは?

セキュリティポーチにしてはやや大きい

セキュリポは、スマホが入るほどのサイズ感であるため、セキュリティーポーチとしては従来のものより一回りくらい大きめの印象。

大きいことによるデメリットは使っていてほとんど感じられませんが、お子さんや小柄な体型の方は少し気になるかもしれません。

「マネーベルトには最低限の貴重品だけ入れたいから、なるべくコンパクトなものを」という、機能性よりもコンパクトさを求める方には少し大きく感じるかもしれません。


貴重品をもっとコンパクトに管理したい」

「パスフィットミニ」がおすすめです!

こんな使い方もできますよ!

ここまでしっかりとアレコレ書いてきましたが、実はあんまりセキュリティポーチを旅先で使わない僕。

意外とセキュリティポーチを使わない派も多いのではないでしょうか。

そんな人たちに、僕はセキュリポをウエストポーチとして使う方法を紹介します。

SHUNSUKE
ふらっと街歩きをしたり、機内やバス移動でちょっとだけ持ち歩きたいときにセキュリポは大活躍します!
【セキュリポ】で持ち歩くもの

  • パスポート
  • クレジットカード
  • 航空券
  • 現金
  • コインケース
  • ポケットティッシュ
  • ウエットティッシュ
  • 目薬
  • ボールペン

セキュリポに最低限必要なものを詰め込んで使えば、飛行機の中や街中で身軽に。

ただし、最大までゴムを伸ばしても体に密着してタイトな印象。

KUMANO
ランニングなどの日常生活での使用もできそうですね!

【記事】「パスフィットミニ」でもサコッシュのように使えます。

セキュリポはこんな人におすすめ!

  • スキミングやスリ対策に、セキュリティーポーチを探している
  • 防水のセキュリティポーチが欲しい
  • しっかりした素材のセキュリティポーチが欲しい
  • ポケットが大きく、スマホも入るものを探している
  • デザインもそこそこ洗練されたものを

そんな人たちにセキュリポはとってもおすすめ。

特に防水加工/スキミングに対応/5.8インチまでのスマホが入るという3ポイントが抑えられているセキュリティーポーチは僕の経験からも評価が高いポイントです。

また軽量でデザインが洗練されているため、ランニングなどの日常生活や機内でのウエストポーチとしても使えるのも魅力的。

KUMANO
セキュリポを使って快適な海外旅行をしてみてはいかがでしょうか!
今回ご紹介したセキュリティーポーチ

created by Rinker
LiberFlyer
¥1,889 (2019/05/20 19:13:41時点 Amazon調べ-詳細)

「コンパクトなセキュリティーポーチ」ならパスフィットミニもおすすめ

「旅先ではパスポートや現金などの貴重品だけコンパクトに管理したい」
「機能性もだけれど、もう少しコンパクトなセキュリティーポーチが良い!」

KUMANO
海外旅行で貴重品をコンパクトに管理したいのなら、「パスフィットミニ」もおすすめですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です