ハノイからサパまでの行き方。サパエクスプレスが最強です。

スポンサーリンク

TABISUKE
ベトナムの秘境「サパ」に行ってみたいです。どうやって行けばいいですか
KUMANO
「サパエクスプレス」一択です。
この記事はこんな人に向いています

  • ベトナム・サパまでの行き方を知りたい
  • サパまで鉄道で行くかバスで行くか迷っている

「サパまで最安・最速・快適に行きたい」という方にはサパエクスプレス」がおすすめです。

ハノイ旧市街にオフィスを構えるサパエクスプレスなら、最速・最安・快適の3拍子が揃っているだけでなく、発着するバス停の立地が最高なので非常に便利です。

正直、サパまでの行き方はいくつか挙げられますが、サパまでのアクセスはサパエクスプレス一択ですよ。

この記事では、サパまでのアクセスに非常に便利な「サパエクスプレス」の詳しい情報やおすすめの理由・車内の様子をご紹介していきます。

サパへのアクセスは「サパエクスプレス」一択。

サパとは、ベトナムの首都であるハノイから直線距離にして約250km離れた、中国国境の山間に位置する小さな町です。いくつもの小さな村から成り立っていて、ザオ族やモン族などの少数民族が色彩豊かな民族衣装を身に纏いながら暮らしています。

ベトナムの原風景である美しい緑の棚田と少数民族の素朴な暮らしが魅力的な町です。

 

そんなサパへのアクセスには、サパエクスプレスが便利です。

TABISUKE
サパエクスプレスって何ですか?

サパエクスプレスとは、ハノイとサパを繋ぐツーリストバス会社で、ハノイからサパまでを毎日3便運行しています。

サパエクスプレスは他のアクセス方法に比べて「最安・最速・快適」なので、サパまでのアクセスはサパエクスプレス一択なのが現状です。

サパエクスプレスがおすすめな理由5つ

TABISUKE
具体的に、サパエクスプレスのメリットは何ですか?

サパエクスプレスの具体的なメリットは以下の通り。

サパまで¥1,400で行ける

ハノイからサパまでサパエクスプレスを利用した場合、¥1,400で行くことができます。鉄道で向かった場合は¥2,000程度が目安なので、若干ですがサパエクスプレスを利用した方が安いです。

サパエクスプレスの場合、発車時刻によって料金が変わりますが、昼便よりも夜行バスの方が料金が安いですし、宿泊費も浮かせられるので夜行バスがおすすめです。

サパまで約5時間30分で行ける

以前まで主流であった鉄道を利用してサパまで向かう場合、ラオカイ駅まで約8時間かけて移動しミニバスへ乗り換える必要があったため、最低でも約10時間程度の時間がかかっていましたが、サパエクスプレスの場合は約5時間30分でサパまで行くことができます。

現在でも鉄道を利用する場合は約10時間程度の移動時間がかかるので比較的短時間で行くことができますし、鉄道よりもパーソナリティスペースが広く圧倒的に快適です。

ハノイもサパも、発着場所の立地が最高

サパエクスプレスで個人的に最も魅力的に感じたのが、バスの発着場所の立地が最高である点。

ハノイオフィスはハノイ旧市街のホアンキエム湖付近に位置しているため、観光客が滞在することの多い旧市街からアクセスが非常に良好ですし、サパへ出発する直前まで旧市街へ滞在していても直接オフィスへ向かうことができるのでメリットが大きいです。

サパは町自体がそこまで大きくありませんが、サパの中心部にオフィスがあるのでアクセスしやすいですし、サパ観光の際に何か困ったことがあっても親身に相談に乗ってくれるのでとても助かりますよ。

サパエクスプレスのオフィスの場所とアクセス

サパ→ハノイ便は、ハノイ国際空港に寄ってくれる

サパからハノイへ向かう便は全てハノイ国際空港を経由してハノイへ向かうため、「サパの後は空港へ直帰したい」という場合でも直接空港へ向かうことができます。

ハノイ国際空港からハノイ市内は結構距離があるので、空港利用者にとっては非常に助かるでしょう。ただし、ハノイ発サパ行きの便は空港を経由しないので、ベトナム入国後に直接サパへ行く場合は一度ハノイ旧市街までアクセスする必要があります。

車内とサービスが快適

サパエクスプレスは車内の清潔感が保たれているだけでなく、サービスも手厚いので満足度は高めです。稀に悪い評判もありますが、Google MAP上のレビューでも4.5という比較的高い評価を残しています。

詳しい車内の様子は次の項で紹介しています。

ハノイからサパまでの車内の様子

TABISUKE
サパエクスプレスの車内はどんな感じですか?快適ですか?

サパエクスプレスは車内・サービスともに「超」がつくほど快適でした。ここではサパエクスプレスの車内やサービスの様子を紹介していきます。

深夜バスでサパへ

サパまでは、ハノイを22:00に出発する深夜バスで向かいました。大型の観光バスで、ハノイオフィス前から出発します。

ネオンのようなライトアップが印象的。

 

車内の様子は?

ハノイを7:30か22:00に出発する便では、車内がスリーピングバスになっています。スリーピングバスとしては清潔感があって、1人分の奥行きも広いので快適に過ごすことができます。

各座席にはミニテーブルが備わっており、座席の角度は調整もできます。車内は2段ベッドが3列で並ぶ構造なので、どの座席からも通路へアクセスできますし、ある程度プライベートに過ごすことができるので快適ですよ。

 

車内の設備・サービスは?

サパエクスプレスでは以下の設備・サービスがあります。

  • 英語が話せる乗務員
  • 空調設備
  • Free Wi-Fi
  • ミネラルウォーター・スナック菓子の車内サービス
  • ブランケット・ピローが各席に常備
  • トイレ(スリーピングバスのみ)

トイレはスリーピングバスのみですが、Wi-Fiや車内サービスが整っています。Wi-Fiの速度はそこまで速くはありませんが、Webサイトの閲覧やSNSへの投稿は問題なく行うことができます。

深夜便はサパ到着後でも仮眠できる

ハノイを22:00に出発する便では、サパに3:30頃に到着してしまうため、6:00頃までは車内で仮眠を取ることができます。

6:00以降は下車となるため、以降は宿泊施設へチェックインするなどして移動をする必要があります。

サパエクスプレスの基本情報(オフィス・料金・時刻表)

サパエクスプレスに関する詳しい情報は以下の通り。

ハノイオフィス

 
ハノイオフィス
営業時間 06:30~21:30
電話番号 (+84) 24-668-21555
住所 12 Ly Thai To, Hoan Kiem, Ha Noi, Vietnam
アクセス ホアンキエム湖、ドンキンギアトゥック広場などより徒歩4分

ハノイオフィスは、ハノイ旧市街南部のホアンキエム湖やタンロン水上人形劇場などから徒歩4分の場所にあります。ハノイ旧市街からもかなり近いので、バスが出発するまで旧市街でゆっくり観光することもできるのがメリットです。

サパオフィス

サパオフィス
営業時間 06:30~17:00
電話番号 (+84) 98-489-0055
住所 08 Thu Dau Mot, Sapa Town, Lao Cai
アクセス サパ愛情市場より徒歩2分

サパオフィスは複数あるようですが、実際に利用するバス停は、「サパ愛情市場」からサパ駅横を進んだ先にある発着場所です。サパの中心地なので各宿泊施設やレストランなどへのアクセスが良く利便性が高いです。

時刻表・料金は?

サパエクスプレスの詳しい時刻表と料金は以下の通り。所要時間はいずれも約5時間30分です。

サパエクスプレスの時刻表と料金
ハノイ→サパの時刻表
出発 到着 値段と特徴
7:00 12:30 ・$16(¥1,750)
・リクライニングチェア
7:30 13:00 ・$13(¥1,400)
・ベッド型(深夜)バス
22:00 03:30
サパ→ハノイの時刻表
出発 到着
()は空港到着時間
値段と特徴
13:30 19:00
(18:00)
・$13(¥1,400)
・ベッド型(深夜)バス
15:30 21:00
(20:00)
16:00 21:30
(20:30)
・$16(¥1,750)
・リクライニングチェア

▼その他

  • 5歳以下は無料。ただし保護者と同席
  • 5歳以上は大人料金として精算される
  • 休日または繁忙期は30%の料金が加算される場合あり
  • サパからハノイ便のみ空港を経由。利用者が多いターミナルへ停車。

サパエクスプレスは「最速・最安・快適」。

この記事では、ハノイからサパまでのアクセスに便利な「サパエクスプレス」を紹介しましたが、他の交通手段と比較しても「最速・最安・快適」の3拍子が揃っているので実施サパエクスプレス一択になると思います。

他の交通手段としては「鉄道」があり、所要時間も料金も高くはなりますが、ベトナム秘境旅ならではの旅情緒を味わいたい場合は鉄道の方が感じられるでしょう。

ハノイへ滞在する場合は滞在できる時間もあまり多くはないと思うので、時間を効率的に利用できるサパエクスプレスがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です