【南京虫対策に!】寝袋にもなるコクーントラベルシーツを紹介!

スポンサーリンク

この記事はこんな人に向いています

  • 旅行中の南京虫対策をしたい
  • バックパッカー旅に寝袋が必要か迷っている
  • コスパの良い寝袋を探している

みなさんは「南京虫」を知っていますか?

海外旅行へよく行かれる方なら聞いたことがあるかもしれない南京虫ですが、とっても恐ろしい害虫です。

今日はこの南京虫から身を守る、快適に旅をするための旅行グッズをご紹介します。

旅人の脅威、南京虫。

日本ではあまり見かけることの少ない南京虫。正式な名称は「トコジラミ」といって、海外ではベッドバグとも呼ばれます。

海外旅行へよく行かれる方なら聞いたことがあるかもしれません。

東南アジアに多いとても小さな虫で、床下やベッドの裏側にひっそりと潜み、夜中に出てきては人の血を吸って生きています。

KUMANO
僕は幸い刺されたことはありませんが、刺されると蚊とは比較にもならないくらいの超絶的なかゆみに襲われるうえに上、その苦しみは2週間弱続くそうです…

南京虫から身を守るには?

僕は旅先でそんな目にあうのが嫌なので、どうにか対策はできないかと調べてみたところ、寝袋がいいとか。

寝袋ってめちゃくちゃかさばると思うんですけれど、持っていくメリットはこういった虫対策のみならず、海外あるあるの死ぬほどクーラーが効いている冷凍バスでも役立つとかなんとか。

調べてみると寝袋は旅の必需品とはいえないけれど持って行って本当に良かった、という方がたくさんいます。

長期旅行におすすめするコクーントラベルシーツ

今回ご紹介する商品

このコクーントラベルシーツは、厳密にいうと寝袋ではなく、寝袋の中に入れるインナーシーツです。

シーツというとベッドに敷いてあるものを思い浮かべますが、このトラベルシーツはちょっと違って、寝袋のように中にすっぽり入ることができるんです。

モデルを比較。

コクーントラベルシーツには5種類のシリーズが展開されています

【種類】 【価格(税込み)】 【重さ】
シルク ¥11,800 約180g
コットン ¥4,104 約410g
シルクコットン ¥9,180 約220g
フランネル ¥5,940 約530g
クールマックス ¥8,424 約305g

旅人の多くが重視するであろう重さが一番軽いのはシルク、値段が安いのはコットンのようです。

この2つを簡単に比較すると、

【シルク】

〇重さが約180gで最軽量。

〇肌触りが最高。

×ただしシルクは洗濯機や絞ることができないくらい繊細なので手洗い。洗うのが難しいです。

×値段が高い。

【コットン】

〇コットンなので洗濯機で洗える。生地は頑丈。

〇とにかく安い。

×重さが約410gとまあまあ重め。

×保温性が生地が薄いシルクより高くない。

 

というのが主な特徴のようです。

 

僕が選んだのはコットン

 

僕は値段と洗濯の容易さを考えてコットンにしました。

シルクに比べて重さが少しあるとはいえど、寝袋として使うのならかなり軽量化しています。

僕が友達から借りていた寝袋は約800g。

それと比較すればコットンですらかなり軽いしコンパクトです。

購入ボタンを押してからたった16時間で届きました。さすがAmazon。

 

実際に広げてみるとこんな感じです。

身長172㎝の僕がいつも寝ているベッドよりも長く、少し余るくらいなのでとても大きいのがわかると思います。

成人男性が下まで潜っても上に手を伸ばせるくらい、かなり余裕がありました。

SHUNSUKE
もし頭の部分も隠したいときは、すっぽり包まることもできちゃいます。

寝袋と比較してみると、かなり生地が薄くて夏に使用する分にはとても動きやすく快適でした。

そしてこのトラベルシーツは枕カバーが一体化しています。

宿の枕に南京虫が居たとしても、この枕カバーにかぶせることで頭を刺されることはありません。

結構大きめの枕もすっぽり。

 

そしてめちゃくちゃコンパクトです!

手のひらサイズとは言わないものの、男性の片手で持てるくらい小さいです。

文字だけではわかりにくいので、旅人がわかりやすいように「地球の歩き方」で比較してみました。

地球の歩き方とほぼ同じくらいです

 

 

初めに持っていこうとしていた寝袋と比較するとこんなに違います

 

デメリットはある?

このコクーントラベルシーツを実際に使ってみたところ、正直寝袋と比較して良い点ばかりなのであまりマイナスポイントが見つかりませんでした。

強いて言うなら、寝袋ではしっかりしているファスナー部分。トラベルシーツはそもそもインナー用のため、横の部分がマジックテープ1つだけなので寝袋として使うにはなんか安っぽいというか、すこし物足りなさを感じます。

 

寝袋ならこの赤い部分がしっかりとしたファスナーになっている。

でも夏に使用したり快適さを求めるなら逆にこのファスナーはすこし邪魔に感じるかもしれないので、ケースバイケースといったところ。

 

あとは商品名からもわかる通り、このような長期的な旅行以外で使用用途が見当たらないということ

寝袋ならキャンプや登山で使うことができるけれど、トラベルシーツはそもそも寝袋の中で使用したり、暖かい場所で使うことを想定しているので、長期的に安宿を回るような旅でないとあまり使えないかもしれません。

旅人が寝袋を探しているのならコクーントラベルシーツ一択。

僕は当初寝袋を持って行く予定でしたが、あまりにもかさばるのと、重さが負担に感じたので急遽このコクーントラベルシーツへ買い替えました。

寝袋と比べてとても軽くコンパクトなので、買ってよかったと思っています。

シルクとコットンの2択ならどちらをオススメするか?と聞かれたら、シルクを体感していないので一概には言えないものの、僕はコットンをオススメします。

コットンなら洗濯機で丸洗いできるし、値段も抑えられます。旅行者目線で、「安宿で寝る」という旅ならそもそも寝心地や肌触りはあまり求めていないことも多く、こういった旅行で使うこと以外にあまり使用用途が見当たらないことなども考えると、値段が比較的安いコットンでもいいかな、という感想です。

ただし最軽量を求めるならシルクがオススメです。

KUMANO
旅行に寝袋を持って行こうか悩んでいる方がいたら、このコクーントラベルシーツがおすすめですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です