海外旅行の両替はATMで!海外キャッシングの方法とメリット、注意点。

スポンサーリンク

SHUNSUKE
海外旅行に行くとき、どうやって現地通貨を入手していますか?

海外旅行へ行く際に頭を悩ませがちな、現地通貨の準備。

銀行や両替ショップを使う方も多いのではないでしょうか?

外貨入手の方法として一般的な両替は、手軽に外貨を入手できる一方で日本円を持ち歩く必要があったり、手数料が割高であるなどのデメリットがあります。
短期旅行ならともかく長期で旅行や留学をするとなると、多額の日本円を持ち歩くのはかさばるし何といっても盗難などのリスクがあります。

そこでオススメなのが「クレジットカードを使って現地のATMで引き出す」という方法です。

今回はクレジットカードを利用した海外ATMでのキャッシングサービスの方法と注意点をご紹介します!

いつでも、必要な分だけ現地通貨を用意できる

海外旅行へ行くとなると、両替って意外と悩みますよね。

「日本で両替する?」「現地で両替する?」「今日のレートはいくら?」「手数料どれくらいする?」

悩んだ末に両替してみると思いのほか手数料が高く、損をしてしまうことも。。。

そこで、クレジットカードを利用して海外のATMでキャッシングをする方法(=海外キャッシング)がおすすめです。

海外でキャッシングをするメリットをざっくりまとめるとこんな感じ。

海外キャッシングのメリット
  1. レートが良く、手数料も安い(最大のメリット)
  2. 日本円を持ち歩く必要がない
  3. 銀行や両替所よりも簡単に見つけられる

「海外キャッシング」が利用できるか事前に確認を

海外でキャッシングサービスを利用するには、あらかじめキャッシングサービスの申し込みが必要です。

契約の際に自動的に付帯している場合もあれば、事前に申し込みや増枠が必要な場合もあります。

また、万が一現地でキャッシングができない場合に備えて、クレジットカードは異なるブランドで複数枚持って行きましょう!

海外旅行が好きなら楽天プレミアムカード!持つべき理由は全部で6つ!

2019-03-06

海外のATMでお金をキャッシングする方法

海外のATMで現金をキャッシングするには、海外キャッシングに対応したクレジットカードを準備する必要があります。

また、ATMごとによって対応している国際ブランドが異なる場合がありますが、僕の経験上VISAMastercardなら、国や地域が規制している場合を除き世界中のほとんどのATMで利用できます。
(*インドの山岳地帯にある村に一つしかないATMやサハラ砂漠の街にある唯一のATMでも利用できました。)

SHUNSUKE
海外で実際にキャッシングをしてきたので、詳しく解説していきたいと思います!
今回僕が利用したのは、タイのバンコク・スワンナプーム国際空港にあるSCB銀行の出張ATMです。

クレジットカードを使った海外キャッシングの方法は以下の通り。

  1. クレジットカードを差し込む
  2. 暗証番号(PIN)を入力する
  3. 言語を選択する
  4. 「WITHDRAWAL」(=引き出し)を選択する(*省略される場合もあり。今回はありませんでした)
  5. 「CREDIT」(=キャッシング)を選択する(*省略される場合もあり。今回はありませんでした)
  6. 金額が表示されるので必要な額を選択する
  7. 手数料が表示されるので確認(*表示されない場合もあります)
  8. 明細をプリントするか選択する
  9. お金が出てくる。カードの取り忘れに注意!
SHUNSUKE
簡単にキャッシングができました!

JCBでは実際に海外キャッシングをシミュレーションできるサイトを公開しています。


日本のATMの操作と異なるのは、

  • 金額はある程度まとまった額から選択する
  • ATMによってはクレジットカードのブランドが対応していない場合がある

という点です。
特にクレジットカードの国際ブランドに関しては要注意。カード自体にキャッシングサービスが付帯していてもATMが対応していないため利用できないこともあります。AMEXやJCBなどは対応しているATMが少ないので注意しましょう。

海外キャッシングで気を付けること、デメリット。

銀行や両替ショップでの両替に比べて取引が楽で、なおかつレートや手数料が安い「海外キャッシング」ですが、利用にあたっていくつかのデメリットと気を付ける点があります。

キャッシングでも手数料がかかる

銀行やショップでの両替に比べて安くお得に両替できるとはいえ、海外キャッシングでも手数料が発生します。
この手数料はATMや地域によって異なりますが、¥0~¥600程度と大きく異なります。

SHUNSUKE
特に空港内にあるATMは市内に比べて手数料が高い傾向にあります!

少額紙幣での両替ができない

両替所で現地通貨へ換金した場合は、高額紙幣のみならず少額紙幣や小銭を含めて換金してくれます。

対してATMでキャッシングをすると、ほとんどの場合は高額紙幣のみで出てきます。先述したバンコクのスワンナプーム国際空港でのキャッシングの際は、5000THBを引き出したところ1000THBが5枚出てきました。

日本では高額紙幣でも支払いに問題はありませんが、海外では高額紙幣を受け取ってくれない場合やお釣りが出ないことがあります。
空港で引き出した際は、市内へ出る前に空港内でSIMカードを購入したりお菓子などを買ってバラしておくのがおすすめです。

ATMで何らかのトラブルに遭う可能性も?

海外のATMでは何らかの問題が起きる可能性もあります。よくあるのは「ATMの不調でカードが飲み込まれる」「スキミング被害に遭う」「磁気が飛んでしまってカードが使えない」など。

僕は15ヵ国以上の国と地域で数え切れないほど海外キャッシングを利用していますが、経験上このようなトラブルに見舞われたことはありません。

しかし、海外ではこのようなトラブルに見舞われる可能性があること、いざとなったらどうすべきかを知っておくことが大事です。この点両替所は人とのコミュニケーションでやり取りができるので安心ですね。

返済方法がカード会社によって異なる。

海外キャッシングで引き出したお金は、後日カード会社によってレートと手数料を加算し請求されますが、その返済方法はカード会社によって大きく異なります。返済方法はお手持ちのカード会社や契約内容を確認してみてください。

ATMの中に十分なお金が入っていないことがある

日本だとまず遭遇しない状況ですが、極まれにATMの中が空になっていることがあります。

両替所では確実に現金があるためスムーズに両替が可能ですが、特定の国や地域ではATMの中が空っぽのため引き出せないことがあります。(*インドへ行った際はしょっちゅうATMが空っぽで引き出せませんでした)

海外キャッシングは両替に比べてお得であり安全。

使ったことがないと一見不安な海外キャッシングですが、実は普通に両替をするよりも格段に安上がりな上、現金を持ち歩く必要がないので安全です。

帰国後返済をする必要があるので、事前に海外キャッシングサービスの付帯や返済方法についてしっかり確認しておくようにしましょう!

次回の旅行はぜひクレジットカードを有効活用してお得に旅に出てみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です