【€54】モンサンミッシェルへ安く行くには?行き方・購入方法。

スポンサーリンク

この記事はこんな人におすすめです
  • モンサンミッシェルへ最安で行きたい
  • 日帰りでモンサンミッシェルへ行く方法を知りたい
  • ツアーではなく自己手配で安くモンサンミッシェルへ行きたい
TABIKO
モンサンミッシェルへ行きたいけれど、高いですね。格安で行く方法はありませんか?

フランスへ旅行をするのなら絶対に行きたい場所の1つ、「モンサンミッシェル」ですが、パリからの行き方を調べてみると意外と高いですよね。

定番の行き方である高速鉄道「TGV」を利用する方法だと、往復で160€(¥20,000)前後が目安なので決して安くはない価格です。

結論から言うと、モンサンミッシェルまでは「鉄道(特急)+バス」を利用することで格安で行くことができますよ!

この記事では、モンサンミッシェルまでの往復を格安で行く方法をご紹介していきます。

KUMANO
僕は実際にこの方法で、往復54€(¥6,500)でモンサンミッシェルへ行くことができました!

モンサンミッシェルまでは「鉄道(特急)+バス」で往復€54に!

フランス西海岸のサンマロ湾に浮かぶ「モンサンミッシェル」は、パリから直線距離にて約285㎞離れた場所に位置しています。

パリからモンサンミッシェルまでの交通手段はいくつかありますが、最も一般的なのは「高速鉄道TGV+バス」を利用する方法。TGVを利用する方法は約3時間で行くことができる最短コースですが、往復の交通費が160€(¥20,000)前後かかります。

最もスムーズにアクセスできる一般的な行き方であるとはいえ、交通費がかさむため諦めてしまう方も多いですが、TGVではなく「鉄道(特急/Intercités)+バス」を利用する方法なら往復€54でモンサンミッシェルへ行くことができます。

所要時間・料金・ルートは?

片道の場合、所要時間は約4時間で、料金は€27。往復でチケットを購入する場合は€54が目安です。

運賃は、シーズンによって変動する可能性があります。

パリを出発し、約3時間かけてフランス西部にあるヴィルデュ・レ・ポエル(Villedieu-les-Poêles)駅へ行き、バスへと乗り換えて約40分程度でモンサンミッシェルへ向かいます。

▼特急でモンサンミッシェルへ行くルートの詳細

  • モンパルナス(Montparnasse)駅〈約3時間・鉄道〉→ヴィルデュ・レ・ポエル(Villedieu-les-Poêles)駅〈約40分・バス〉→モンサンミッシェル

  1. 鉄道(特急/Intercités)
    パリ・モンパルナス(Montparnasse)駅ーヴィルデュ・レ・ポエル(Villedieu-les-Poêles)駅
    ・乗車時間:約3時間
    ・1日に1本
  2. バス
    ヴィルデュ・レ・ポエル(Villedieu-les-Poêles)駅ーモンサンミッシェル
    ・乗車時間:約40分
    ・駅に到着すると目の前でバスが待機している

特急列車で行く方法のデメリットは?⇒時間がかかる

TABIKO
この方法のデメリットは何ですか?

パリからモンサンミッシェルへ向かう一般的な方法である高速鉄道のTGVを利用する方法と比べると、以下の2つのデメリットがあります。

一般的なTGVに比べて40分程度時間がかかる

高速鉄道のTGVでモンサンミッシェルへ行く方法と比較すると、70%以上安く行くことができるのが魅力的ですが、TGVに比べて40分程度の時間がかかります。

TGVよりも停車駅が多い特急列車(Intercités)で行くため時間がかかるので、「とにかく早くモンサンミッシェルへ到着したい」という方は注意が必要です。

とはいえ、この特急列車を利用する方法でも日帰りが可能ですし、かなりの時間をモンサンミッシェルで過ごすことができるので、実際に行ってみた感想としてはあまりデメリットには感じませんでした。

「時間をかけて移動するのが苦手」という場合はTGVが最短ですが、40分程度の時間差が気にならなければ特急列車を利用するのがおすすめですよ!

1日あたりの本数が少ない

モンサンミッシェルまで格安で行くことができる特急列車(Intercités)は、TGVに比べて1日当たりの本数が少ないのもデメリットの1つ。

TGVの場合は、1日に7:00~11:00の間に4本が設定されていますが、特急(Intercités)の場合は毎朝1本しか設定されていないので、寝坊をしてしまったり乗り遅れてしまうと変更ができないので注意が必要です。

モンサンミッシェルまでの鉄道チケットの購入方法

 

TABIKO
フランスの鉄道のチケット、どうやってすればいいですか?

TABISUKE
英語もフランス語も話せないから不安です。

モンサンミッシェルまでの鉄道チケットは、パリのモンパルナス駅をはじめ駅構内の券売機でいつでも購入することができますが、オンラインでチケットを予め購入しておくのが便利です。

フランスの鉄道チケットは、フランス国鉄SNCFの公式サイト(英語)からも購入できますが、ヨーロッパ全域の鉄道チケットの購入は「レイルヨーロッパ」が便利です。

レイルヨーロッパは日本語に対応しているので、日本円での決済・購入ができるだけでなく、日本語のサポートが完備されています。

チケット購入時に手数料が¥1,500発生しますが、英語やフランス語での購入に不安がある方でも安心して購入できるので魅力的です。

▼レイルヨーロッパの特徴まとめ

  1. ヨーロッパ全域の鉄道チケットが正規価格で事前に購入できる
  2. 日本語に対応しているので、英語での自己手配ができなくても安心
  3. 日本円で決済できる
  4. 購入後も日本語でのサポートが受けられる
  5. その分発券時に¥1,500の手数料が加算される

KUMANO
英語でのやりとりでも問題ない場合は「フランス国鉄SNCF(英語)」から購入すると手数料なしで決済ができますよ!

レイルヨーロッパの購入方法

RAILEUROPE(レイルヨーロッパ)公式サイト

出発地と目的地、日付を入力をすると、チケットが一覧表示されるので、列車のクラスとチケットを選択します。

この記事で紹介している「パリ→モンサンミッシェル」の特急を利用する格安チケットは1番上の7:38発の¥3,400(€27)なので、これを選択します。

各チケットは、選択することで詳細の日程や座席などを確認できます。時間やルートを確認したら、「料金タイプを選択」をクリックします。

復路のチケットを選択します。特急を利用して帰る場合は、ここでも1番上の¥3,400(€27)のチケットを選択し、「料金タイプを選択」をクリックします。選択したチケットの値段や時間が表示されるので、「旅行者情報(氏名・生年月日)」を入力します。

次のページでは最終的な値段が表示されますが、ここで発券手数料¥1,500が加算されます。キャンペーンコードなどの利用もこのページからできます。

支払い方法は、

の5つから選択が可能です。支払い方法を入力し、旅行情報を確認したら「お支払いへ進む」を選択し購入は完了です。

購入したチケットは印刷することでEチケットとなり、当日そのまま乗車ができます。無くしてしまうと無効になってしまうので注意しましょう。

パリ(モンパルナス駅)からモンサンミッシェルまでの行き方

パリからポエル駅(約3時間)

TABISUKE
朝早いから眠い…

パリからモンサンミッシェルまで、「鉄道(特急/Intercités)+バス」を利用して行く場合は、モンパルナス駅に隣接する「ヴォージラール駅(Gare Vaugirard)から電車が出発します。モンパルナス駅構内では「Montparnasse 3」と表記されているので、看板に従ってホームへと向かいましょう。

高速鉄道のTGVとは違うとはいえ、比較的車内は綺麗でゆったりしています。フットレストや読書灯が備えられていますが、リクライニングやUSBポートなどの設備はありません。

ポエル駅からモンサンミッシェル(約40分)

パリを出発して約3時間が経つと、ヴィルデュ・レ・ポエル(Villedieu-les-Poêles)駅に到着します。

ポエル駅は非常にこじんまりした無人駅で、駅を出るとすぐ目の前に大型の観光バスが待機しているので乗り込みましょう。このバスはかなり大型で、トイレも完備されています。

ポエル駅からモンサンミッシェルまでは約45分ですが、道路が混雑していない場合は約30分程度で到着します。

TABISUKE
ポエル駅は本当にこじんまりしていて間違ってないか不安になります。

モンサンミッシェルに到着

約45分程度でモンサンミッシェルに到着しますが、バス停はモンサンミッシェルから少し離れた徒歩15分程度の場所に停車します。

無料シャトルバスや馬車を使ってモンサンミッシェルの入り口まで向かうこともできますが、行きは徒歩で向かうのがおすすめです。

シャトルバスからでは撮れない、モンサンミッシェルの全景が見れるので、気ままに写真を撮りながらモンサンミッシェルへ向かいましょう。

RAILEUROPE(レイルヨーロッパ)でチケットをさがす

モンサンミッシェルまでの他の行き方まとめ

TABIKO
他にもおすすめの行き方はありますか?

この記事では、モンサンミッシェルまで格安で行くことができる「鉄道(特急/Intercités)+バス」の方法を紹介してきましたが、パリからモンサンミッシェルまでは他にもいくつか行き方があるので、おすすめできるものをピックアップして紹介していきます。

TGV+バス

  • レンヌ(Rennes)駅乗り換えコース【最短!】
  1. 高速鉄道(TGV)
    パリ・モンパルナス(Montparnasse)駅-レンヌ(Rennes)駅
     ・所要時間:約2時間15分
     ・運賃:€50~€80(片道)
     ・運行時間:30分~1時間毎に1本
  2. バス
    レンヌ(Rennes)駅-モンサンミッシェル
     ・所要時間:約1時間
     ・運賃:€15
     ・運行時間:1日3~4本
     ・レンヌ駅北口より出発
     ・鉄道のチケットと同時購入可

  • ドル ド ブルターニュ(Dol de Bretagne)駅乗り換えコース
  1. 高速鉄道(TGV)
    モンパルナス(Montparnasse)駅-ドル ド ブルターニュ(Dol de Bretagne)駅
    ・所要時間:約3時間

    ・運賃:€45~€85(片道)
    ・運行時間:1~2時間毎に1本
  2. バス
    ドル ド ブルターニュ(Dol de Bretagne)駅-モンサンミッシェル
    ・所要時間:約1時間15分

    ・運賃:€7(片道)
    ・運行時間:1日1~2本
    ・鉄道のチケットと同時購入可

Flixbus(直行便)

  • 直行バス(Flixbus)【唯一の直行便】
    パリ (Bercy Seine)-モンサンミッシェル
    ・所要時間:約5時間30分~6時間

    ・運賃:€22~€60(片道)
    ・運行時間:平日は1日1本、週末は増便
    >Flixbus(英語)

この記事で紹介した「鉄道(特急/Intercités)+バス」以外では、高速鉄道のTGVや格安バス会社のFlixbusを利用する方法があります。

TGVを利用した場合、最短時間でモンサンミッシェルへアクセスできるのがメリットですが、運賃が高くなりがちな点がデメリットです。この方法が最も一般的で、モンサンミッシェルへ行くほとんどの方がTGVを利用しています。

格安バス会社のFlixbusは、シーズンによっては往復が€50を切る場合もあり、さらに唯一直行便で行くことができるのがメリットです。しかし、Flixbusは値段が変動しやすい点や、デモやストライキで大幅な遅延や運休になる場合もあるので注意が必要です。

> Flixbus(英語)

モンサンミッシェルへは、特急(Intercités)で行くのが圧倒的に安いのでおすすめ。

モンサンミッシェルへの行き方にはいくつかの方法がありますが、圧倒的に「鉄道(特急/Intercités)」で行くのがおすすめです。

高速鉄道のTGVで行く方法が最短時間で行くことができるとはいえ、どの方法でもバスを利用するので乗り換え回数も変わらないですし、TGVを利用した場合との時間はわずか約40分です。

約40分の時間差で片道当たり¥7,000近く節約できますし、日帰り旅行でも十分な時間が確保できるので、圧倒的にコスパが高いと言えるでしょう。

ただし、「特急+バス」を利用してモンサンミッシェルへ向かう場合は、1日に往復1本ずつしかダイヤが無いので乗り遅れには注意が必要です。

鉄道のチケットは現地でも購入ができますが、オンラインで事前に購入しておくと時間も節約できます。

オンラインで購入する際は、英語での購入でも問題ない場合は「フランス国鉄SNCF(英語)」の公式サイトから購入するのが最安ですが、日本語での購入・サポートを受けたり、日本円で決済したい場合には「レイルヨーロッパ(RAILEUROPE)」を利用するのがおすすめです。


【号外】2019年7月21日まで、カタール航空が欧州線大セール中!

カタール航空が、東京/成田発のヨーロッパ路線限定でエコノミー往復運賃が最大¥66,550になるセールを実施しています。搭乗期間は2019年8月1日~9月30日で、8月2日~8月10日は対象外です。

【2019年7月】成田発限定!カタール航空が欧州路線でセール

2019-07-06

〈スポンサーリンク〉

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です