【世界72ヵ国で使えるSIM】『SIM2Fly』を使ってみた!レビュー・注意点・チャージ。

スポンサーリンク

この記事はこんな人に向いています
  • 世界中あちこちで使えるSIMカードを探している
  • ヨーロッパやアメリカ、オセアニアなどの各地を短期間で周遊する
  • 2週間の海外旅行の通信費を抑えたい
  • 日本で購入できるSIMカードを探している

海外旅行で気になる、現地でのインターネット環境。

KUMANO
せっかくの海外旅行、現地で撮った写真をSNSにアップロードしたり、レストランや観光スポットの情報収集をいつでもどこでもしたいですよね。

この記事ではヨーロッパ・アメリカ・アジア・中国・オーストラリアなどの世界72ヵ国で利用できる『SIM2Fly』の使い方や注意点をご紹介します!

SIM2Fly ヨーロッパ周遊


この記事で紹介しているSIM2Flyを含め、海外でSIMカードを購入・使用するためには、お使いのスマートフォンのSIMロックが解除された状態(SIMフリー)である必要があります。

世界72ヵ国で使えるSIMカード『SIM2Fly』

ヨーロッパ・アメリカ・アジア・オセアニアなどの主要国72ヵ国で利用できる『SIM2Fly』の特徴は以下の通り。

『SIM2Fly』の特徴
  特徴
対応国 アジア・中国・ヨーロッパ・アメリカ・オセアニアなど
世界72ヵ国(対応国の一覧)
通信速度 4G対応
*利用エリアによっては3G
データ容量 4GB
(*4GBのデータ量を超えた場合は通信速度が128kbpsに低下し、国内キャリア通信制限時と同じ速度へ。)
トップアップ(チャージ)可能!
有効期間 使用開始から15日間
価格 ¥3,700
【Amazon】『SIM2Fly』
テザリング機能 利用可能
その他の特徴 SIMサイズは通常/micro/nanoに対応
日本語マニュアル付き
出国前から日本でも使える
乗り継ぎ時も利用可能。
(対応国のみ)

AmazonでAIS『SIM2Fly』15日間4GBを購入する


同じく周遊プリペイドSIMとして販売されている『Three』と比較してみると…

価格や有効期間では「Three」が有利。

しかし、

  • 対応国の数が多い
  • 4G通信に対応していて高速通信ができる
  • テザリングが可能

など、使いやすさでは「SIM2Fly」が圧倒的に有利です。

「Three」はとにかく安い!価格や有効期限においては『Three』に軍配があがるが、Threeでは3G回線のみ。テザリングも不可。

対応している国はなんと72ヵ国。

Created by「been」

地図上のオレンジの国が対応している国。

◆ヨーロッパ(38ヵ国)
アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、エストニア、オーストリア、オーランド諸島、オランダ、北アイルランド、ギリシャ、クロアチア、サンマリノ、スイス、スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島、スウェーデン、スコットランド、スペイン、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン市国、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マケドニア共和国、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ロシア

◆アジア(19ヵ国)
インド(一部地域を除く)、インドネシア、韓国、カンボジア、シンガポール、スリランカ、台湾、中国(チベット圏含む)、日本、ネパール、パキスタン、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、香港、マカオ、マレーシア、ミャンマー、ラオス

◆オセアニア(2ヵ国)
オーストラリア、ニュージーランド

◆アメリカ(6ヵ国)
アメリカ (サイパン・グアムは除く)、アルゼンチン、カナダ、コロンビア、プエルトリコ、メキシコ

◆中東(5ヵ国)
イスラエル、オマーン、カタール、クウェート、トルコ

◆アフリカ(2ヵ国)
エジプト、南アフリカ共和国

タイ、ミャンマーが対応していない他、中央アジア、東欧の一部、南アメリカ、アフリカのほとんどの国では対応していない。
対応国は2019年8月現在。
 

KUMANO
特にヨーロッパやアメリカなどをまとめて周遊する人にはピッタリのSIMカードですね。

通信容量は4GBまで。4GBってどのくらい?

AIS『SIM2Fly(15days)』では、15日間で4GBまで使用できます。
4GBを超えた場合は通信速度が128kbpsに低下しますが、通信が止まることはありません。

128kbpsとは?

低速になった場合の128kbpsは、国内のキャリア利用時に速度制限がかかった場合と同じ速度。動画やビデオ通話は難しいですが、SNSやメールの送受信、WEBサイトの閲覧は問題なく行えます。

4GBってどのくらい使えるの?

日本人の平均的な1日当たりの通信量は約100~300MB程度とされているので、一般的に動画などを視聴しない限りは、SNSの閲覧や写真のアップロード、ネット上での情報収集や地図の利用は日本で使うのと同じくらい使えます。

特に海外旅行時はスマートフォンの使用回数は日本にいるときよりも圧倒的に少なくなるので、4GBは比較的大容量であり十分な量だといえるでしょう。

KUMANO
実際に僕が11日間ヨーロッパで使用した際は、942MB余りました。SNSや音楽ストリーミングをそこそこ使っても余ります!

AmazonでAIS『SIM2Fly』15日間4GBを購入する

トップアップ(チャージ)も可能!

『SIM2Fly』をはじめとするタイAISのSIMカードでは、SIMカードの有効期限内に限り公式アプリ「my AIS」から簡単にトップアップ(チャージ)が可能です。

実際に「my AIS」を使って10฿分トップアップしてみました。942MB→2GBへ。

合わせて読みたい▼「my AIS」を使ってAISのSIMカードへトップアップする方法はコチラの記事で詳しく解説。

タイでAISのSIMカードをトップアップする方法。LINE Payがおすすめ。

2019-02-06

『SIM2Fly』の残りの容量を確認する方法

『SIM2Fly』では、残りの容量がいくらあるのかを簡単に確認できます。

確認するには、各端末で「電話」を開き、『*111*6#』をプッシュします。

1分以内にAISから残量に関するSMSが届くのでそこから確認できます。

この場合、あと1GB 494.9MB使用できます。

また、AISのSIMカードでは公式アプリ「my AIS」をダウンロードすればアプリから簡単にデータ残量が確認できます。

my AIS

my AIS

無料posted withアプリーチ

『SIM2Fly』の設定はとても簡単。日本語マニュアル付きで安心!

AIS『SIM2Fly』は日本での通信にも対応しているため、有効期限の15日間より前にSIMを挿入してしまうと自動で使用開始となります。下記の動作確認は、旅行最終日まで15日間(360時間)を切ってから行いましょう。

『SIM2Fly』を初めて使う際の特別な設定はほぼ不要。非常に簡単です。

普段から海外で現地SIMなどを購入されている方は、通常の海外SIMカードと利用方法は変わりません。

『SIM2Fly』の設定マニュアルは写真付きで非常にわかりやすい。

  1. SIMピンを使いSIMケースを開ける
  2. 『SIM2Fly』を挿入する
  3. 「データローミング」を有効にする
データローミングを有効にする方法

  • 【iPhone】:[設定]―[モバイルデータ通信]で「データローミング」をONにします。
  • 【Android】:[設定]ー[モバイルネットワーク]で「データローミング」をONにします。「アクセスポイント名」をタッチし「新しいAPN」へ。

iPhoneの場合は設定からすぐにオンにできる

  • APN(アクセスポイント名)の入力が必要な場合は、以下のように設定します。iPhoneの場合は自動で設定されるので原則設定不要です。

【名前】任意の名前(AISなど)
【APN(アクセスポイント名)】internet
【ユーザー名】空欄
【パスワード】空欄
【認証方式】CHAP

端末のSIMカードを開けるために必要なSIMピンを持っていない場合は、事前にSIMピンを用意しておくといいでしょう。抜いた国内キャリアのSIMカードを無くさないためにもSIMホルダーなどがあるとさらに便利ですよ。

created by Rinker
SilverCoral
¥600 (2019/10/21 14:47:08時点 Amazon調べ-詳細)
TABISUKE
現地に到着したらどのように接続するんですか?

現地に到着すると、データローミングがオンになっていれば自動で現地のキャリアを探して接続してくます。
キャリアが変わるたびにタイのAISからSMSが届きますが、無視して構いません。

AmazonでAIS『SIM2Fly』15日間4GBを購入する

『SIM2Fly』のデメリットは?

TABISUKE
『SIM2Fly』のデメリットはなんですか?

個人的に『SIM2Fly』の満足度は★5つ、非常に使い勝手が良かったです。

とはいえ、実際に使ってみると多少のデメリットも感じられたので、紹介していきます。

15日だけしか使えない?
1年間有効の15GB利用できるパッケージが発売へ!

『SIM2Fly(15days)』の有効期間はアクティベート(SIM挿入)後から15日間となっています。

1年間有効の15GBプラン発売!≫

2019年2月13日より、AISは『SIM2Fly』において新たに15GBの高速通信(4GB)を1年間利用できるプランの提供を開始しました。(2799฿/¥9,800)
現在は日本からパッケージによる新規購入はできないようですが、既にAISのSIMカードを持っている場合は公式アプリ「my AIS」から先述したトップアップの要領でパッケージプランを変更すれば利用できるようです。

KUMANO
日本からもAmazonなどを経由しパッケージ購入ができるようになると考えられるため、確認ができ次第こちらで紹介させていただきます!

タイの通信業者AISだが、タイでは使用できない

この『SIM2Fly』はタイの通信業者AISが販売していますが、タイ国内では使用できません。

タイで乗り継ぎをする場合も『SIM2Fly』は使用できないので注意が必要です。

タイ国内で使用するなら、タイの空港内でSIMカードを購入できる他、Amazonからも事前にタイ専用SIMカードが購入できます。

 

データ通信のみなので音声通話はできない。LINEで電話はできます。

『SIM2Fly』はデータ通信専用SIMなので、音声通話はできません。

LINEでの通話はデータ通信になるため可能ですが、お仕事の関係などで音声通話を必要とする場合には注意が必要です。

こんな人には『SIM2Fly』がおすすめ!

『SIM2Fly』はこんな人におすすめ

  • あちこち国を周遊したい
  • ヨーロッパやアメリカ、オセアニアなど各地を短期間で周遊する
  • 2週間ほど海外旅行をする
  • 4G高速通信でサクサク使いたい!
  • 旅先でもデータ容量を気にせず使いたい!
  • テザリング機能を使いたい!
  • 日本でSIMを購入してあらかじめ準備しておきたい
  • 着陸したらすぐにネットを使いたい

『SIM2Fly』は¥3,200と他の格安SIMと比較するとやや高めですが、現地でSIMを購入する場合と比較するとあまり価格には大差ありません。

この価格に対して、対応国が72ヵ国、4G高速通信が可能、4GBの大容量(トップアップ可)、テザリング付き、対応国なら乗り継ぎ時も使える、などの点を考えるととっても機能性が高くコスパの良いSIMカードだと思います。

僕は旅先でもある程度SNSで写真をアップロードしたり、サクサク使えるSIMカードを選びがちなので『SIM2Fly』を買って良かったと思います。

今回の記事では対応国が多いこのSIMカードの特徴を活かすために周遊できる点を中心に紹介しましたが、どこか1つの国に2週間ほど旅行される場合でもかなりおすすめのSIMカードです。

特別な設定が不要で、簡単にストレスなく使うことができるので、普段Wifi ルーターをレンタルされている方や周遊SIMカードを探している方に『SIM2Fly』はとてもおすすめですよ!

AIS『SIM2Fly』(ヨーロッパ周遊)


TABISUKE
アジア周遊に特化したSIMカードはありますか?

この記事ではタイAISの『SIM2Fly』(ヨーロッパ周遊)を紹介しましたが、アジア主要国の周遊ならテレコムスクエアの『Wi-Ho!(ワイホー)SIM』(アジア周遊)がおすすめです。

『Wi-Ho!(ワイホー)SIM』は、

  • 安心の日本企業
  • 手厚い24時間日本語サポート
  • 1日あたり500MB使えて\1,800前後

なので非常にコスパも良く、海外SIM初心者の方にもおすすめです。

Wi-Ho(ワイホー)のSIMってどうなの?評判は?レビューと注意点

2019-07-28

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です