ジョージアという国。行ってみたらこんな国だった!ジョージア6つの魅力。

スポンサーリンク

TABISUKE
ジョージアってどんな国なんだろう…?

KUMANO
旅人が口をそろえて”最高だった”という国ジョージアの魅力をご紹介しますよ!

日本ではまだまだマイナーな国であるジョージアに行ってきたので、この記事ではジョージアで感じた6つの魅力をご紹介しますよ!

ジョージアってどんな国?

ジョージアはロシアとの国境であるコーカサス山脈の麓に広がる小さな国です。

アジアとヨーロッパを分けるカスピ海の左側に位置していて、周りにはトルコ、ロシア、アルメニア、アゼルバイジャンが隣接しています。

KUMANO
わかりやすくいうと、アジアとヨーロッパの境に位置する国です!

ジョージアはもともとロシア帝国、旧ソビエト連邦に属していた国でしたが、1992年に独立。

近年まで「グルジア」という名前で呼ばれていましたが、ロシアとの関係悪化によりロシア語読みの「グルジア」からイギリス発音の「ジョージア」へと呼称を変えました。

日本ではまだまだマイナーな国。

日本人の中でもジョージアを訪れる人の割合は約0.01%といわれており、年間約157万人がアメリカのハワイを訪れるのに対して、1年間でジョージアを訪れる日本人はたったの約8200人です。

まだまだマイナーな国ですが、魅力がとってもある国ですよ!

ジョージアに行きたくなる!6つの魅力

1. 治安がとにかく良い。

ジョージアは他国と比較してもかなり治安が良い国として知られています。


実際にジョージアへ行ってみて、その治安の良さに驚きました。

現地に滞在してみるとたくさんの警察官がパトロールをしていて、治安の良さが伺えます。

また、アジア圏や中東圏にありがちな強引なきゃ客引きが一切なく、押し売りやぼったくりも全くありません。商売目的として積極的に話しかけてくる人が少ないため、犯罪に巻き込まれる可能性も少ないように感じました。

インドやウズベキスタン、ヨーロッパを含む7カ国放浪の途中に立ち寄ったジョージアですが、7カ国の中で一番治安が良い国でした。

最新のジョージア治安事情!

2018/9/14に在ジョージア日本国大使館から発せられた安全対策情報によると、9/14現在では2018年度内の日本人の犯罪被害は0件とのことです。

2. 絵本の世界にいるような街並み。夜景がホントに綺麗。

アナヌリ教会と湖畔

ジョージアの街並みは本当に綺麗です。

特にトビリシの旧市街は、歴史を感じる建物とほどよい自然に囲まれていて、まるでディズニー映画のような雰囲気を肌で感じることができます。

特にトビリシ旧市街を一望できるナリカラ砦はおすすめ。

ここを訪れた際は、ロープウェイの駅がある絶景ポイントのみならず、城壁に囲まれたナリカラ要塞にまで足を伸ばしてみることをオススメします。

少しキツめの急勾配を進んだ先にある、城壁のてっぺんから座って眺めるトビリシの景色は本当に素晴らしいです。

夕方にここを訪れて、街が夜へと変わっていく瞬間を眺めるのが僕のおすすめ。

旅を重ねると夜景で心が動かされることも少なくなってきますが、ここの夜景は素敵でした。

旧市街の暖かい灯火と、照らされる建物、近代的な建物と街の中心にそびえ立つ大きなサメバ教会。

言葉では伝わらない夜景の良さがありました。

夜にトビリシ旧市街を街歩きしてみると、こんな場所も。

水路の造りとライトアップが何とも神秘的です。

ジョージア行きの航空券を探す≫≫お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

3. 交通の便が良い

【地下鉄の初乗り料金は¥22】

ジョージアの首都トビリシでは2つの地下鉄が通っていて、旧市街や新市街、バスターミナルのあるディドゥベ、さらには郊外まで、トビリシ市内の主要なスポットほぼ全てを網羅しています。

トビリシ地下鉄の運賃はありえないほど破格で、当日初回乗車時はどこまで行っても0.5ラリ(約¥22)2回目からはなんと0.2ラリ(約¥9)で乗車できちゃいます。

トビリシ地下鉄はロマン溢れる。

1966年に旧ソビエト連邦で4番目に開通したトビリシ地下鉄は、当時の旧ソ連の方針から核戦争に備えた核シェルター兼用の構造として造られています。

地下鉄の入り口からホームへたどり着くまでには日本の3倍速くらいのエスカレーターで3〜5分程度の時間を要するほど深くに位置しています。

やっとのことでたどり着いたホームはディズニーシーのセンターオブジアースのような、地底世界を思わせます。

まるで洞窟のようなホームから美術館のような美しさを誇るホームまで、駅によってデザインが全く違うのも魅力の一つ。

SHUNSUKE
トビリシ地下鉄に乗って旧ソ連の趣きを味わってみてください!

 【各都市へはマルシュルートカが便利】

トビリシから他の都市への移動にはマルシュルートカと呼ばれるミニバスが走っていて、低価格で移動ができます。

ちなみに、ジョージア観光のハイライトであるカズベキ山へは、トビリシから片道10ラリ(約¥460)で移動できちゃいます!

カズベキまでの絶景を写真に収めたいのなら、行きはシェアタクシー帰りはマルシュートカという組み合わせがおすすめです。

4. お酒が格安で死ぬほど飲める

実はジョージアは、約8000年以上も前からワインの醸造を行なっていたと言われる、ワインの発祥地。

独自の方法で醸造していたグルジアワインは、当時のエジプトにまで渡り、クレオパトラもそれを愛したといわれます。

そんな由緒正しきワインの歴史を持つジョージアのワイン愛は半端じゃないです。スーパーのワイン売り場へ足を運ぶと、その種類の多さに驚きます。

ジョージアでたまたま元ソムリエの旅人に出会い、彼がオススメするワインを飲ませて頂きましたがとてもバランスの良い味わいでした!

ワインのみならず、ビールの種類も豊富です。

缶ビールが1ラリ(約¥45)から購入できますが、ローカルの人たちが買うビールは2.5Lという大容量。7.5ラリ(約¥345)で買えちゃいます。

SHUNSUKE
酒好きにはたまらない国、それがジョージア!

5. ヨーロッパでありながら物価がダントツで安い

ヨーロッパに分類されることの多いジョージアですが、物価の安さはタイやインドに匹敵し、時にはそれを下回るほどの安さ。

旅行者が最も気にするであろう主な物価は以下の通り。

【移動費】

先ほど紹介しましたが、地下鉄の初乗りは約¥22。2回目からは約¥9という破格。都市間移動に便利なミニバスは¥500あれば主要なところへ行けちゃいます。

【宿泊費】

ゲストハウスは1泊¥500ほどが目安です。

僕が泊まっていたゲストハウスは、1泊12ラリ(¥550)のドミトリーでシャワー、キッチン、ランドリー、ロッカー、サクサクWi-Fi完備の5コンボ。おすすめです!

【食費】

食費に関してはピンキリですが、高くても日本で食事をするのと同じくらい。
トビリシ旧市街は観光地化しているため少し高めのレストランが多いですが、裏路地などをくまなく探せばかなり安いレストランが見つかります。

僕が通いつめていたレストランは20時以降半額になるという神レストラン。夕食が¥120という安さでした。

(後日別記事にて紹介させていただきます)

6. 美女が多い

噂では聞いていましたが、女性の美しさに驚きました。

ヨーロッパとアジアの間に位置し、長い間旧ソ連に属していた歴史を持つ国ジョージア。
人種のるつぼのごとく多くの人種との交流が進んだ結果、ジョージアには美人が多いと言われています。

街中ですれ違う女性や、レストランの店員など、とにかくどこへ行っても女性が美しい国です。

もちろん女性だけではありません。街中ですれ違う男性も、整った顔立ちが多いように感じました。年を重ねた男性も髭や髪形を整えている人が多く、スリムな体形を維持している人が多い印象でした。

SHUNSUKE
訪れた数々の国の中で最も美男美女の多い国はジョージアでした!

とにかくすべてが最高の国、ジョージアへ!

出会う旅人が口をそろえてこう言います。


「ジョージアは最高だった。」

「ジョージアが一番。」

 

この目で確かめてみたかった僕が実際に行ってみて感じたことは、「ジョージアは何もかもが最高でありながらお財布にも優しい国」だということ。

世界には物価が安い国もあれば街並みがきれいな国、料理が美味しい国がたくさんあります。それらをすべて良いとこどりしたのがジョージアです。

旅慣れていていろいろな国をまわってきた人にも、あまり旅行をしたことがないという人にも。

日本ではあまり馴染みのない国ですが、その魅力はこの記事だけでは語りつくせないほど。


もし次の旅行先に迷ったらぜひジョージアへ。

訪れる旅人の期待を裏切りません。

ジョージア行きの航空券を探す≫≫お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』



 ¥

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です